【台湾台中子連れ旅行】夏休みはホテル式アパートを契約(1ヶ月31,000円)してホテル代を大幅に節約できた!

スポンサーリンク

去年の夏休みは、1ヶ月ほど台湾に滞在してきました。その時利用した短期(最短1ヶ月)から契約できるホテル式アパートの紹介です。

1ヶ月滞在するとなると激安ホテルでも10万円は超えちゃうんですよね。

そこで台湾人の友人に相談してみたら、調べて教えてくれました。短期からも契約できるホテル式アパートを!

ただ少し契約が大変。中国語ができる方は問題ないかもしれませんが、私にはかなりハードル高め。台湾人の友人に助けてもらって契約することができました。

私が利用したのは、台中逢甲にある『逢甲之心‧飯店式裝潢月租套房』。こちらは1館で、ここから歩いて5分位の場所に2館『逢甲租屋~心之逢甲~』があるようです。1館と2館の名前がとても似ていて、間違いやすいので注意してください。

近くには逢甲大学があり、逢甲商圈の入り口付近に位置するのかな。逢甲大学周辺一帯が逢甲夜市と言っているようなので、逢甲夜市の中に施設があるといえばいいのかなぁ。

私が契約した821号室。料金は一か月9,000元でした。大体6,000元~あるようです。窓なしだともう少し安かったりします。悩んだんですが、一か月滞在で息子もいるので、窓無しは窮屈かなと思って窓ありに。

でも、公園に行ったり出かけている方が多かったので、部屋は寝るだけという感じでしたが、それでも窓はあってよかったと思っています。

写真は退去時に撮ったため、荷物が全部出ているのでより狭く感じますね。窓がありますが、あまり光が入ってこないため、一日中電気をつけていました。

契約までの流れは、ホームページから各部屋の空き状況が確認でき、契約は契約日の5日前から出来ます。契約前に部屋を押さえておくには、前金5,000元を振り込まないといけません。(台湾の銀行や郵便局の口座を持っていない場合は、台湾人の友人の協力が必要になります。)

本当は、予約する部屋を前もって確認してから予約するらしいのですが、私は日本だし、友人は台中に住んでいなかったので、不安はあったんですが、部屋の確認無しで前金を振り込んでもらって部屋を仮予約しました。

オーナーとの連絡や質問等は、すべてLINEかWECHATでした。契約するまでは、オーナーと友人と私とのグループチャットですべて友人に関与してもらって、私が分からない中国語を教えてもらいました。

トイレとシャワー。シャワーの水圧もバッチリ。水道とガス代は部屋代に含まれています。この部屋はガスですが、部屋によってガスではなく電気の場合もあるようで、その場合は、シャワーを使うたびに電気料がかかるそうです。

冷蔵庫は新品でした。ベッドのマットレスも入居して何日かしたら新品にかえてくれました。新品の備品を使えたのはラッキー。

クローゼット。入居時に針金ハンガーを20本貸してくれます。洗濯を干すときに使えるので便利でした。

ごみ捨て場所があるので、24時間いつでもごみが捨てることが出来ます。部屋にごみを置いておきたくないので、ごみが出たらすぐ捨てに来ていました。分別されているので、間違えないように、区別しながら捨てます。

ゴミ捨て場の横が休憩場のようになっていました。時々煙草を吸いながらおしゃべりしている人たちを見かけました。

休憩場所の奥が洗濯物の干し場所になっていました。こちらは男性専用のようで、女性は上の階にありました。

ゴミ捨て場と同じ階に洗濯機3台と乾燥機1台。左側の洗濯機は新品です。料金を忘れてしまいましたが、新品の方が高め。

ウォーターサーバーは、7階の管理人室の真ん前にあります。部屋でお茶やコーヒーを飲んだりしていたので、お湯があって便利でした。

契約する時に、部屋に蚊がいると言ったら、オーナーが無料で貸してくれました。これも新品です。これのおかげで部屋では刺されることはなかったです。ただ大きくて光が強いので、就寝時は、椅子などで隠して光を遮っていました。明るくて眠れないのです。

部屋と浴室用に1足づつ購入して息子と一緒に使いましたが、部屋用には一人1足買えば良かった。ちょっとケチってしまいました。

入居時に、壁紙の破れなどを写真に撮ってオーナーにLINE

こちらも写真にパシャリ。このくらい言わなくても平気かな?とも思ったけど、初めての契約なので、なにがあるか分からないので、気になるところは小さなことでも写真に納めていました。

枕がこんなことになってしまいました。私も息子もビックリです。もちろん弁償しましたが、正直、いまだに私も息子も納得が言っていないんですよね。

私たち、退去時に敷金から引かれるのが嫌なので(笑)ものすごく神経質に暮らしていたんです(笑)壊さないように、こぼさないように。

もちろん枕だって、投げつけるわけでもなく、寝るときの枕としてや、それから息子がベッドから落ちないように横に置いたりするくらいです。それでこれです。

どうして破れちゃったのか、よくよく考えてみると、テレビを見るときに背中が痛いので、枕をクッション代わりに背をもたれていたんです。それかな?

枕カバーを洗う際に、なんだか枕の生地が薄くなっているとこが、ツーと線が出来ていて小さな穴があるなぁとは思っていたんですが、、、。この時点で写真を撮ってオーナーに送るなり枕を見せたりすれば良かったんですが、まぁ大丈夫かな?と思ってそのまま使用していたらこんなことに。

お気を付けください。

退去時は、この破損した枕代のみで済みました。良かったです。

★泊まってみての感想と注意事項

  • 契約書を交わすので、契約書を書く前に、台湾人の友人に契約書をLINEで送って契約内容を確認してもらってから、契約しました。
  • 短期で1か月から契約できる。契約時は部屋代と敷金を払い、退去時に敷金から電気代、破損等を差し引いて返金される。
  • 退去時に自分で部屋、浴室などの掃除をする。しない場合は清掃費は有料。
  • クレジットカード使用不可、現金のみ。
  • 毎日の部屋の清掃は自分で。掃除用具は貸してもらえます。タオルやアメニティなどは無いので、自分で用意する。
  • シーツ、枕カバーや掛布団等は300元で借りられる。私は、入居時に一式借りて、後はオーナーに許可を取って、こまめに自分で洗濯していました。
  • 契約してからでも良いですが、入居一日目に部屋の気になる箇所(壁の破れや、跡など)を写真を撮って、オーナーのLINEに送りました。退去時に破損等があれば敷金から引かれるので。とにかく、ちょっとしたことでも気になる箇所があれば、写真を撮ってすぐ報告したほうが自分のためです。
  • 途中部屋のクーラーが水漏れしたのですが、すぐ対応してくれました。クーラーが壊れている時に代わりに無料で扇風機を貸してくれました。直ってからも扇風機はずっと貸していてもらいました。
  • 電気料金は別途かかりますが、電気メーターは、入居時にオーナーが一緒に確認し、写真を撮ってLINEで送ってくれ、退去時も一緒にメーターを確認します。使った分だけ請求されます。
  • カメラが色んなところにあり、いつも確認されているようなので、女性の一人暮らしでも安心感があると思います。
  • 周辺は夜市や飲食店のお店、衣服、雑貨等さまざまなお店が立ち並んでいるので楽しい。
  • バス停が近くにいくつもあるのでどこに行くのも便利。ただ、台中駅までは1時間近くかかります。

かなり長くなってしまいましたが、ホテル選びの参考になれば嬉しいです。


逢甲之心‧飯店式裝潢月租套房
住所:台中市西屯區福星路433-5號
ホームページ:http://fj8888.fengchia.tw/rent.html