【旦那企画日帰り旅行】栃木県日光市鬼怒川温泉方面へ乗り鉄の旅

スポンサーリンク

先月、旦那が企画した日帰り旅行??に行ってきました。内容は、黄金色のスペーシア『日光詣スペーシア』と『SL大樹』『特急リバティ』に乗る!というもの。栃木県日光市の鬼怒川温泉駅まで、乗って行って、そしてまた乗って帰ってきました。。。。。

この日光詣スペーシアの運行本数は、1日3往復なんだそう。運行時間は、1週間毎に変わるので注意が必要です。人気なので予約した方が良さそう。今回は旦那が事前予約してチケットが取れましたが、去年の秋ごろに私が予約しようとしたら満席で取れませんでした。

我が家は春日部駅から鬼怒川温泉駅まで乗車。指定席なんですが、好きな車両から乗車するのではなくて、確か2両目だったかな?並んで、予約切符や予約時のメールを車掌さんに見せてから乗ります。

息子もプラレールの日光詣を持参して気合いが入っています。

車内は折りたたみのテーブルの縁も金色でテンションが上がります。ちなみにSL大樹のプラレールは、春日部駅の売店で購入。

鬼怒川温泉駅。この外観はもはや駅じゃないですよね〜。おしゃれだなあ。駅を出るとすぐの場所に、転車台があったり、足湯が出来るところまで!

駅をでるとすぐ目の前に鬼怒太像があります。こういうの大好きです!

足湯『鬼怒太の湯』の利用時間は9時から18時までのようです。我が家が行った時は、ほぼ満員でした。この日は天気は良かったのですが、風が冷たかったので、お湯が温かくてとても気持ちが良かった。しかも無料。

息子も気持ちよさそう。でもこの後、お湯をジャバジャバしたがったり、中で歩きたがったりとマナーが悪くて、やめさせるのに苦労しました。。

足湯を終えて駅の方に向かっていたら、転車台の方が騒がしくなってきました。今からSL大樹がくるらしいとのこと。ラッキー!調べてみたら、土日祝に見られるらしい。

ランチは鬼怒川温泉駅から徒歩5分ほどの場所にある『中華料理 香雅』で食べました。創業が昭和40年!

店内は満席で、少しだけ待ちました。この時は観光客が多かったのか、大きな荷物を持っている人たちが多くて、その荷物がぶつかってしまい他のテーブルのラーメンをひっくり返して、お客同士で揉めていたところでした。

我が家もリュックを持っていたので、かなり気をつけながら移動しました。そのくらい店内は手狭かも。お気をつけください。

この店の名物の大きな羽付餃子を出す時の条件がありました。お店の人たちはとても親切で、漬け物などの場所などを教えてくれたり、羽付餃子の説明をしてくれました。

ジャーン!条件が揃って見事な羽付餃子が出てきました。

息子の顔より大きい。

旦那に勧められるままにラーメンを注文。

お土産は、バームクーヘンで有名な『HACHIYA』で購入。バームクーヘンの他に、栃木県名産とちおとめのソフトクリームが売っていて、お店の外のベンチで食べている人が多かった。2階はレストラン。バームクーヘンも2階で食べられるようです。

我が家も買いました。パッケージが可愛い。駅周辺ではここのお店の紙袋を提げている人だらけでした。一人で5袋とかざらに居ましたよ。人気なんだなあ。

パカっ。3時のおやつに頂きました。しっとりとして上品な味でした。コーヒーによく合います。

下今市駅。SL大樹の開業に合わせて、リニューアルした木造駅舎なんだそう。色味が抑えられていて、SL大樹にピッタリ。駅員さんの制服もオリジナルでとてもかっこよかったです。

下今市駅には、転車台広場があります。写真は去年イベントに来た時のもの。この時は、SL大樹が故障中で乗ることが出来ませんでした。奥は点検を行う機関庫。

ディーゼル機関車。

SL大樹の運行は土日が主で、下今市駅から鬼怒川温泉駅間を1日3往復。事前予約は運行日の1ヶ月前から可能です。

車内では、乗車券のチェックが済むと記念乗車証?カードを頂きました。オリジナルのグッズや名物のアイスなどの車内販売もあります。席の順番で写真撮影をしてくれ、販売されていました。わが家は、撮影は遠慮しました。。

アテンド通信と記念乗車証

帰りは特急リバティに乗って帰ってきました。写真を撮ってなかったので、息子のプラレールをパシャり。

乗り鉄の旅を終えて、、。日帰り出来ないことはないですが、疲労度マックスです。。もう一日あって温泉にでも入れたら最高だったなぁ~。とはいえ、ずっと乗りたかった黄金色の日光詣でスペーシア、SL大樹、特急リバティと一日で乗れたのは感動。

今度は温泉に入りに来たいです~。