初めての台湾親子餐廳で軽く衝撃。『品福夢想世界』に行ってみた。台湾の親子レストランってレベルが高いですね。

スポンサーリンク

品福夢想世界

私が持っている台湾本に、親子餐廳(子どもの遊び場を併設しているレストラン?カフェ?)が載っていたのを思い出して、軽い気持ちでグーグルマップで調べて行ってきました。

品福夢想世界

今回初めて行ったのは『品福夢想世界』最寄り駅、高雄MRT巨蛋站から徒歩20分!炎天下の中、この20分歩くのって大変ですね。しかも私は方向音痴ですし。

地図を見る限りでは、複雑にくねくねと曲がるわけでもなく単純なんですが、それでも迷うんですよね。ははは。

巨蛋站から『品福夢想世界』へ行く途中には、食べ物屋さんやコンビニ、スーパーなどがあったので、10分くらい歩いたところでかき氷を食べたり、コンビニを見つける度に涼みに入ったり(ごめんなさい)となんとか目的地に到着です。(そんなに大変ならタクシーを使いなさいって話ですが。。)

品福夢想世界

地下に降りて行きます。グーグルマップに投稿されている写真では、広い印象を受けたのですが、こじんまりしてるのかなぁなんて想像しながら降りて行きました。

品福夢想世界

お。台湾っぽい。

image-43-1024x768

お店に入ってみたら想像していたのよりも、かなりの広さで驚きました。全体像が写真には収まらなくて残念なんですが、ワクワクするくらい広いの。平日に行ったので人が少ないかなっと思っていましたが、そんなことはなくて、満員状態でした。

品福夢想世界

今回の旅行では、室内遊戯場や親子餐廳に何件が行ったんですが、ここが一番大変でした。日本語は全く通じないし、お店の人の中国語が聞き取れないので、何言っているのか分からないし。。お店の人3人くらいに囲まれちゃって、、なんだか恥ずかしくなってくるし。。

私としては、思った以上に広いし、他の子どもも沢山遊んでいる場所で息子を遊ばせたいし、それに駅から20分も歩いてきて、また引き戻すのが嫌だ。。

で、、頑張って粘った!(笑)相変わらずお店の人が何を言っているのか、分からなかったけど、キッズスぺースで子どもを遊ばせたいと言ったら席に案内してもらえた!粘り勝ちだ!

品福夢想世界

キッズスペースは滑り台があったり

image-45-1024x768

車やバイクがあったり

品福夢想世界

本物のピアノが置いてあって、曲を披露している凄腕の子もいました。

image-51-1024x768

お友達と遊びたくて、料理ごっこをやっている姉妹のところへ玩具の食べ物を持って行く息子。室内遊戯場と同じくらいの本格的なキッズスペースです。日本でもこれほどの規模の親子レストランに行ったことが無かったので、台湾ってすごいって思いました。

品福夢想世界

親子レストランですから、注文しないといけません。ここのお店は、持ち込み禁止、大人120元、子ども(1~12歳)80元の最低消費金額が提示されています。(1歳以下は最低消費金額は無い。)それと、プラス10%のサービス料。キッズスペースは靴下使用。

私たちが行った時は食事用のメニューでしたが、時間によってカフェ用のメニューもありました。

品福夢想世界

咕咕雞塊咖哩白飯188元(現在のレートで610円),醇味熱拿鉄120元(390円)
息子がキッズズペースをみるなり、遊びに行ってしまったのでとりあえず注文。サービス料も入れて大体合計1,100円くらい。

カレーなので息子も喜んで食べていましたが、遊びたくて仕方がないらしく、半分食べたか食べないか位でまたキッズスペースへ行ってしまいました。

品福夢想世界

大きなマグカップに並々と入っていました。美味しかったけど多い。。

品福夢想世界

キッズスペース内から食事場所をパシャリ。

私たちが行ったときは、親たちは食事場所から離れませんでした。グループで来ている人達がたくさんいて、おしゃべりに花咲かせている感じ。時々はキッズスペースを覗いたりはしていたけど、ほぼ放置。

お店の人達は順番に見回りに来ては、時には注意していました。私は息子と2人で来ていたので、ご飯を食べ終わったらキッズスペースで息子が遊んでいるのを側で見ていましたが、グループだったら、子どもを遊ばせながら自分たちも息抜きが出来て良いですね。

この日は、3時間みっちり遊んで満足の息子。長時間遊んでも居心地は悪くなかったです。他の人達もかなりの時間遊んでいたと思います。


品福夢想世界
住所:高雄市三民區明吉路9號B1
営業時間:火-金:11:30~21:00 土-日:10:30~21:00
ホームページ:http://wt115.verytop.tw/bin/home.php
FB:https://www.facebook.com/pinfu