台北の遊園地『台北市立兒童新樂園』4歳の息子大喜び!一日中楽しめました。

スポンサーリンク

台北市立兒童新樂園

2014年12月にオープンした台北の遊園地『台北市立兒童新樂園』に行ってきました。

台北市政府が20億円を投じて建設したとか。隣接して、台北市立天文館と国立科学教育館がありました。息子がもう少し大きくなったらこちらの方にも行ってみたい。

台北市立兒童新樂園

チケット売り場は横にありますが、悠游卡で入園料と乗り物の代金を支払うことが出来ます。家族全員分の入園料を悠游卡1枚で支払い可能。

入園料は、大人30元、子ども(7歳-12歳)15元、6歳以下と65歳以上は無料。乗り物は各乗り物で金額が違います。

台北市立兒童新樂園

身長制限があり。息子は100cmちょいなので、乗れる乗り物は3つのみ。140cmあれば13ある全ての乗り物が乗れるようです。

台北市立兒童新樂園

着いてすぐ、興奮して大騒ぎをしている息子をなだめ、2階にあるフードコートへ。汗ダラダラでちょっと休まないと無理~。たくさん座る場所があって良い感じです。

台北市立兒童新樂園

ここのお店で冷たい物を。

台北市立兒童新樂園

メニューを見ても何を頼んだのか、、思い出せない。。

台北市立兒童新樂園

右は草莓冰沙70元,左が確かリンゴジュースだったかな?バナナだったかな?

台北市立兒童新樂園

4歳児でも乗れる3つのうちの1つは観覧車。一人30元。

台北市立兒童新樂園

2つ目の銀河號一人20元。

台北市立兒童新樂園

この滑り台!身長制限をクリアしていたのと、息子がやってみたいと言ったので、軽い気持ちでさせたのですが、、、。

台北市立兒童新樂園

寝た姿勢で滑る滑り台でした。しかも一人滑り用。私は写真を撮るため下で待っていて、旦那が息子についていたのですが。

頭をちょっと上げたままで滑らないといけないらしくて、それを旦那が息子に言っても、息子は既に極限の緊張状態。そこで中止したら良かったのに、滑らせたんですよね。。

やっと係の人のOKが出て、滑ってきたと思ったら、あまりの速さと恐怖で顔面蒼白で固まっていました。。。。着地も失敗して頭をゴンとぶつかってるし。。

いやぁ~。わたしビックリした~。息子の顔から表情が消えたの初めて見た。いつもこういう長い滑り台は旦那と一緒に滑っていたのすが、一人で滑るのは早かったみたい。可愛そうなことをしました。トラウマにならないことを願います。

台北市立兒童新樂園

こういうのは100cmでも一人で乗れるようです。1回50元。1回目は旦那と一緒に。

台北市立兒童新樂園

2回目は一人で。他の子どもとぶつかったりすると、飛ばされたりして楽しそうでした。

台北市立兒童新樂園

これはラジコンかな?水の上の舟を操縦します。これも楽しかったらしくて、2回操縦しました。写真では分かりづらいけど、息子の身長100cmだと、操縦している舟が見づらくて、背伸びしながら操縦してました。ちょっとした台があると、背の低い子は快適ですね。

台北市立兒童新樂園

ショーもありました。こういうのも日本と同じですね。台湾の子ども達が大喜びで、日本より積極的に参加している印象。

台北市立兒童新樂園

室内遊戯場もあります。無料でした。涼しくて良いです~。

台北市立兒童新樂園

ゲームセンターもありました。しかもマリオ!台湾でも人気なのかな?満員でした。息子もマリオが好きなのでやってみることに。

台北市立兒童新樂園

マリオカートかな?料金は日本の半額くらい。

2014年オープンなので、施設がまだ新しくて綺麗な印象を受けました。息子は身長制限で乗れる乗り物は少なかったのですが、それでも一日中楽しく遊べました。帰る時間になってもまだ遊んでいたい~と言っていたほど。

料金は日本と比べるとどうかな?入園料はかなり安いですが、乗り物はそれぞれ値段は違いますが、そんなに安い印象も受けませんでした。

悠游卡で支払っていたので、お金を使ったっていう気持ちにはならないのが、悠游卡の罠でしょうか。それでも日本の遊園地より安いですね。

家族で楽しめたので、また息子の身長が伸びてきたらまた遊びに来たいです。


台北市立兒童新樂園
住所:台北市承德路五段55號
営業時間:月-金9:00-17:00、土9:00-20:00、日9:00-18:00
ホームページ:http://www.tcap.taipei/
FB:https://www.facebook.com/tcap1216/