台南100年以上続く老舗『禄記肉包』の肉まんを食べてみた。ホテルのフロントに予約電話をかけてもらってゲット!

スポンサーリンク

禄記肉包

台南旅行で楽しみの一つだったお店『禄記肉包』なんといっても100年続く老舗!しかも人気店で蒸し上がる時間には行列が出来るほど。売り切れたら店じまいのようで、買いに行っても買えずに帰ってきたという人のブログもみかけました。

禄記肉包

予約したほうが確実なので、宿泊先のフロントにお願いして予約を取ってもらいました。包子の蒸し上がる時間の10:30に予約をしてもらったら、お店の方から11:30に来てくれと。頭の中で??でいっぱいになりましたが、お店から指定されてるんだから・・・と。無理矢理納得。

禄記肉包

11:30に行ってみると、お店はこんな感じ。お客さんは中に5人くらい居たくらいかな。全然並んでないよ~!どういうことなの~!

禄記肉包
お店の中では、せっせと作っていました。写真を撮ってから列に並ぶと、お店の人が予約した日本人か?と聞いてきたので、そうだと答えると、ちょっと待ってと言われる。5分くらい待つと、予約していた包子2個くれました。

ホテルの人が、紙に名前や包子2個と書いてくれたので、渡すだけだったけど、紙も渡さず名前も名乗らずに品物が来ました。。こんなにアバウトな予約なの。。

image

少し小ぶり。かなり期待していたんだけど、、、。なんていうか、、やっぱり11:30に行ったんだもの・・・。冷めてますよね。。テンション下がりましたYO。

禄記肉包
中はこんな感じ。台湾独特のスパイスの味がします。はじめは期待度が高かった分、味は普通かなぁと思っていましたけど、食べれば食べるほどなんだか癖になる味。

中には、肉の他に家鴨の卵の黄身と、しいたけがゴロッと。個人的には、家鴨の卵の黄身は食べ慣れない味でした。ちょっと苦手。

と、言いながらも、ホテルに戻ってからも2個目を一人で食べちゃいました。(息子が昼寝をしている隙に)

でもやっぱり包子も、熱々ハフハフがいいよ!


禄記肉包
住所:台南市中西區開山路3巷27號
電話番号:(06)225-9181
営業時間:7:30~18:30(売り切れ次第終了)