群馬県嬬恋村『嬬恋高原旅館 とちぎや』に宿泊してみた。

スポンサーリンク

嬬恋高原旅館 とちぎや

10月の3連休に群馬県嬬恋村にある『軽井沢おもちゃ王国』へ遊びに行った際に利用した旅館『嬬恋高原旅館 とちぎや』の紹介です。3連休が始まるギリギリに宿泊先を探したので、おもちゃ王国から近めのお手頃価格のホテルはどこも満室でした。(涙)

嬬恋高原旅館 とちぎや

我が家が宿泊した『嬬恋高原旅館 とちぎや』は、おもちゃ王国から8kmほどの場所にあります。車で大体12分とgoogle先生は言っていますが、我が家は電車の旅だったので、おもちゃ王国から旅館まではタクシーを使いました。

タクシーはせいぜい2、3千円くらいかなと旦那も思っていたようでしたが、なんと!!片道5,000円ほどかかりました。(おもちゃ王国から旅館まで)料金メーターが1秒毎に上がって言ってるんじゃないかと思ったほど、驚異的なスピードで料金は上がっていくので、私の顔は青ざめていたと思います。

実は現金を殆ど持って行ってなかったんですよね。足りなかったらATMで下ろせばいいよね。なんて安易に考えていたのです。しかも乗車したタクシーはクレジットカードは使えないと。。。恐ろしい。

嬬恋高原旅館 とちぎや

次の日も当然タクシーなので、往復1万円かぁ~と思うと、心が折れましたが、、そんな我が家をゆるキャラのぐんまちゃんがお出迎えしてくれます。大きい。

嬬恋高原旅館 とちぎや

階段のスペースには冷蔵庫と電子レンジがありました。自由に使用可能。

img_1173-1024x768

今回は和室8畳です。(ごめんなさい。息子がテーブルに座ってしまっています。)ベッドだと息子が落ちてしまう心配があるので、和室はとても嬉しいです。が、、お部屋にお風呂が無かった~。大浴場はありますが、利用時間(22:00まで)が決められているので、、ちょっと残念。

息子は旅館に向かう途中のタクシーの中で寝てしまっていたので、大浴場にも入れず。(大きなお風呂に入らせたかったなぁ。)

そしてお部屋には、ポットなどやお茶類はありませんでした。フロント横にポット等が置いてあったので、そちらでご利用くださいと言うことかな。

嬬恋高原旅館 とちぎや

朝食をオプションで付けました。翌日の朝ご飯の時間は、希望の時間を指定できます。美味しく頂きました。息子もたくさん食べてくれました。米も美味しくて米好きの旦那は大喜び。

img_1167-1024x768

朝食を食べていたら、猿が現れたんです!突然のことに興奮して慌ててしまって、分かりづらい写真しか撮れませんでしたが、ご飯を食べてて猿なんて初めて見ましたよ。

2日目も我が家は、おもちゃ王国に行く予定だったのですが、旅館のかたがおもちゃ王国まで車で送ってくださいました。感謝です。それと、おもちゃ王国の無料入場券を頂きました。重ね重ねありがとうございました。

料金は8畳和室で窓あり、お風呂、洗面等は共用。朝食付きで10,000円ちょいくらいでした。息子は添い寝で無料です。

今回の旅行で勉強になったこと。

  • 現金はある程度は余裕を持ったほうが良い
  • 宿泊先の近くのスーパーコンビニなどの閉店時間に注意
  • 宿泊先の近くに食事出来るお店が無い場合は、朝食をつけたほうが良い
  • タクシー。。。我が家には要注意でした。。

電車の旅の際は、いろんな面で気をつけないといけないですね。便利な生活に慣れてしまっていたなぁと感じました。(なんでも徒歩圏内にあったり、24H営業だったり。。)


嬬恋高原旅館 とちぎや
住所:〒377-1612群馬県吾妻郡嬬恋村大前817-10