深夜到着フライトでも安心。24時間営業の統聯客運(Ubus)を利用して、桃園国際空港から台中へ。

スポンサーリンク

今回はバニラエアのわくわくバニラを利用。少しでも予算を抑えたいと思ったら、行きは東京成田22:00発ー台北桃園00:45着の深夜到着便になりました。そこから、高速バスで台中に行くので、いろいろ含め台中のホテルにチェックイン出来るのが、朝の4:30~5:30と予想。

飛行機内で眠れたとしても、桃園で起こされ、またバス2、3時間乗車で起こされる息子を考えるとかなり悩んだのですが、セールチケットの誘惑に負け、息子には頑張ってもらうことに。

深夜便ですが、普通に人が多くて深夜便というのを忘れそうになるほど。子供も息子と同じくらいの子も含め、もっと小さい子などもたくさん見かけました。

深夜到着便で、心配だったのが、両替所が営業しているかということでした。最悪、閉まっていても前回の残りの台湾元が手元に少しあるので、問題は無かったのですが、できれば空港内で両替してしまいたい。

行列が出来ていましたが、営業中でした。我が家は預け荷物が無いので、スムーズにここまでこれたのですが、両替で30分くらい待ちました。。。私の前にはそれほど並んでいなかったのですが、一人一人の時間が長くて、、。

今回も統聯客運(Ubus)を利用。以前利用した時は、24時間営業じゃなかったのですが、現在は24時間営業になっていて助かりました~。

桃園国際空港→台中への移動手段にUbus統聯客運を使ってみた。台中→台北に行くときも使ってみたよ。
桃園国際空港から台中へはバスを利用。台中まで行けるバス会社は、国光客運1860路線、建明客運(飛狗バス)5503...

桃園空港から台中までは1623番のバスに乗ります。乗り場は13番。

2時発車のチケットを購入。前回3月に台湾へ来たときは、息子は6歳になっていたので、子供料金が発生すると思っていたのですが、外国人は大人料金だと言われて払いました。でも今回は、子供料金でした。バス会社のサイトを見てもく外国人のことは書いていない(みつけられない)ので、正確なところが分かりません。

ちなみに帰りのバスは、違うバス会社でしたが、こちらも子供料金でした。

発車まで20分くらいあったので、近くのコンビニで飲み物や我が家恒例の肉まんなどを購入して、ゆっくり食べて時間まで休みました。トイレも済ませて出発です。乗り場は13番。

自由席だったので、好きな場所に座ることができて良かったです。台中行きは、今回もガラガラでした。

我が家は終点の台中駅まででしたが、乗車時間は写真の時間をみると2時間かからないくらいでした。

バニラエアの飛行機の中と、桃園空港内がものすごく寒かったので、長袖の上着等があると良いと思います。暑がりの私も寒くて鳥肌が出来るほどでした。

Ubusの中はそこまで寒いというほどでもなかったですが、着ていた長袖を脱がなくてもいいくらいでした。