シンガポールの有名店『文東記』の台湾直営店『文慶鶏』で海南鶏飯を食べてきた

スポンサーリンク

文慶鶏 台北

台北MRT忠孝復興駅1番出口より徒歩5分ほどの場所にある『文慶鶏』に行ってきました。このお店は、シンガポールのチキンライス(海南雞飯)で有名なお店『文東記』の直営店のようです。

文慶鶏 台北

我が家が来店したときは、改装後だったようで店内はとても綺麗でした。店内で食べると言うと、2階に通されました。

来店時は3組ほどしかいませんでしたが、注文が終わる頃には、次々と席が埋まって来ていました。

メニューを撮り忘れてしまったので、ショップカードに記載されていたメニュー価格。改装されてから値上がりしたようです。大体20元くらいづつ値上がりしていました。

文慶鶏 台北

席に着くと、すぐお店の人が小菜をいくつか持ってくるので、ついつい食べたくもないのに取ってしまいます。日本人、、勧められると弱いよね。。

文慶鶏 台北

海南鶏飯套餐240元

肉の隣の小皿にタレが入っていて、よく分からなくて肉に付けて食べちゃったような?(笑)

後から分かったのだけど、正式にはご飯にかけてまぜまぜして食べるらしい・・・。ご飯も鶏の出汁で炊いてあるようで濃厚だと、他の方のブログ等で書いてあったけど、私にはよく分からなかった。というか、この時日本の米って本当美味しいよね!って再認識した。このお店の米はタイ米のように長い米でした。

メインのお肉は柔らかくて食べやすいです。味付けも日本人が好む味だと思います。おいしい。

このセットのスープは鶏レバーと砂肝のスープ。生姜が入っているスープだけど、台湾の生姜だと息子も飲めます。むしろ台湾の生姜は好きみたい。

文慶鶏 台北

咖喱鶏套餐270元

カレーなら息子も食べられると思って注文してみたが、ここのカレーは辛かった!中辛くらいかな?辛いのがあまり得意でない私でも美味しいと思える辛さだったのだけど、4歳の息子には無理なレベル。カレー好きの息子に食べさせたかったので残念。

鶏肉は2種類入っていて、手羽元ともう一つ(知識不足で不明)。そのもう一つの肉の方が、小骨が口の中に残って、旦那も私もちょっと、、この小骨が・・・。という感じに。気にならない方なら味は良いのでオススメ。

スープは私の好きな肉か魚のすり身の団子スープ。大好きだ~。

この日は合計で560元でした。お会計は、食べ終わってから2階で済ませます。店内にトイレもあるので子連れでも安心でした。


文慶鶏
住所:台北市忠孝東路三段219-1號
営業時間:10:00-21:30
定休日:土曜日
FB:https://www.facebook.com/BK.Chicken
新加坡文東記:http://boontongkee.com.sg/