子連れに五分埔服飾広場はハードルが高い?

スポンサーリンク

松山駅

台湾で最大の服飾問屋街『五分埔服飾広場』へ行くなら、MRT「後山埤」駅の1番出口から徒歩約5分くらいで行けるようなんですが、普悠瑪に乗りたかったので台鉄を利用、台鉄松山駅で降りました。この松山駅のデザインがかっこいい。思わずパシャリ。

台北101

途中、台北101が少しだけ見えて興奮。まだ行ったことがないので、次回行ってみたいな台北101。

五分埔服飾広場

夕方頃に到着予定でしたが、到着時刻は19時。もうすっかり辺りは暗くなってきていました。子どもが一緒なので、この後、饒河街観光夜市に行く時間も計算すると、長時間は無理。あぁせっかく24時まで営業しているのに~。。(仕方ありません。。)

足早にお店を見て回りますが、うちの息子、好奇心旺盛というか行動派というか、どこまでも行ってしまうんです。抱っこしてたのを下ろしたら、ダダダッーと迷いもなく行ってしまいます。

瞬きをしているすきに消えてしまいそうな勢い。なので、、お店とお店の間の狭い道を通るバイク!怖すぎです。

そういう理由もあって、どちらか一人がみっちり息子についていないと危険なので、ほとんど買い物は出来ないんですよね。今の時期だけだと自分に言い聞かせて買い物を終えます。

五分埔服飾広場内のジューススタンド

敷地内にお寺があって休んでいる人たちがいました。私たちもお寺の前のフルーツジュース屋さんで買って一息。息子の希望で香薫牛奶(バナナ牛乳)を購入。お店の人が多く作ったからとサービスをしてくれました。

1時間近くまわって、結局購入したのは私の服を一着のみ。一着だったので値切らなかったのですが、お店の人が値引きしてくれました。

どの店もじっくり見てまわったわけではないので、一概に言えませんが、全体的に想像していたより、安いっ!という感じではなかったかな。日本でもセール時など安く服を買えたりするので、激安という値段ではなかった。(大量に買えば多少違うのかも?)

行ったかたのブログ等で、それなりの品質だと書かれているのを目にしますが、わたし個人的には、そんなに悪くないんじゃないかなぁと思われます。でも、あっ。これかわいいなと思うと、良い値段だったりもしますが、、。

なかには小売りをしていないお店もあるので、このように注意書きが書かれているみたい。

「歡迎零售」→小売りOK

「謝絶零售」→卸売りのみ

またゆっくり時間がある時にでも、来てみたいと思いました。歩いて10~15分位のところに饒河街観光夜市があるので、お買い物した後は、夜市を楽しむのも良いですね。我が家ももちろん行きました。


五分埔服飾広場
営業時間:12:00-24:00
定休日:月曜日は小売りはせず、業者に卸売りの日なので避けたほうが良いようです。