台中西区『野島+』カレー好きの息子と一緒にカレー屋さんを新規開拓

スポンサーリンク

カレー好きの息子と一緒にカレー屋さんを新規開拓してきました。今回のお店『野島+』さんは、帰国後調べてみたら、最近オーナーさんが変わったみたいで、以前は『野島家咖哩』という店名だったようです。

以前は、台中に3店舗あったようですが、現在オーナーさんが、変わってからも継続しているのかは、確認していません。

このメニューは、お店の入り口前にあったもの。お店に入る前に、メニューや値段が確認できるのはとっても助かりますね。外観も内観もかなりこじゃれたお店だったので、高かいかも~と少々ビビッておりました。

店内の様子。

台湾人のブログで確認してみたら、店内も現在は改装されているみたいです。以前は、カウンター席のような横並びが大部分を占めている感じでした。個人的には、改装後のこちらの形式が好き。

注文と会計は、写真の奥の小さいスペースで。右側の奥のカーテンの場所は調理スペースのようです。

カレーだと息子も量が食べられるので、一人分づつでも良かったかなと思ったけど、初めてのお店なので、息子がどのくらい食べるかが、分からないので、大盛にして一緒に一皿をたべました。

日本語も書いてあって、とても分かりやすいメニューオーダーシート。ご飯の量と辛さを決めたらトッピングを決めます。ここまでトッピングの量が多いと、自分オリジナルのカレーが出来ますね。

紅茶と白開水が無料です。白開水とは、確かお湯だったと思ったのだけど、、、でもカレー屋さんだから水かな??(飲んでないので分からない)

気になるので、台湾人のブログで確認してみたら、冰開水と書いてある時の写真をみつけたので、もしかしたら、今回はお湯かも・・・・。分からない・・・。(すっきりしないぃぃぃ)

大盛80元+ブロッコリー20元+つくね30元の130元(現在のレートで460円)

我が家のトッピングはブロッコリーとつくねにしてみましたが、周りをみると、トッピング山盛り豪華カレーの方たちが多かったです。

それにしても、白開水が、お湯なのか水なのか、気になって仕方がない私です。


野島+
住所:台中市西區中美街450號

コメントを残す